ブログ

外壁塗装をやらないとどうなる?6つのリスクを紹介

外壁塗装をやらないとどうなる?6つのリスクを紹介

外壁塗装は塗料の耐用年数に応じて、適切なタイミングで行う必要があります。「お金が掛かるから」「面倒だから」と外壁塗装を怠るとさまざまなリスクが生じるので、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

今回は外壁塗装をやらないことで生じるリスクや、外壁塗装を検討するタイミング、外壁塗装の必要がないケースについて解説します。

 

外壁塗装をやらないことによるリスク

適切なタイミングで外壁塗装をやらないと、以下のようなリスクが生じる原因となります。

雨漏りの発生

外壁塗装には雨水の浸入を防ぐ役割がありますが、経年劣化によって塗膜の性能が低下すると防水性も落ちてしまいます。すると、外壁から雨水が浸入しやすくなり、構造体を伝って天井から雨漏りしたり、内壁に雨染みができたりする可能性があります。

雨漏りは原因箇所にビニールシートを被せたり、防水テープを貼ったりすれば対処可能ですが、外壁塗装全体の劣化が原因の場合、これらの方法では十分に対処することができません。

その場合、シーリング工事やモルタルの塗り替え、サイディングの張り替えといった作業が必要になり、かなりの手間と費用が掛かるので要注意です。

シロアリの発生

シロアリは高温多湿の環境下と、水分を含んだ木材を好む性質を持っています。そのため、雨漏りが発生するとシロアリが集まってきやすくなり、柱や土台などの構造体を食い荒らされる原因となります。

シロアリ被害は外からではわかりにくく、気付いたときには構造体が弱くなっていて、大がかりなリフォームが必要になるというケースも珍しくありません。

また、シロアリの被害に気付かないまま大きな地震などに見舞われた場合、家が半壊・倒壊する可能性が高くなるため、防災面のリスクも大きくなります。

すきま風の発生

外壁塗装が劣化すると、外壁材が紫外線や乾燥の影響を受けやすくなり、場合によってはひび割れが発生することがあります。ひび割れをすぐに修繕せず、そのまま放置していると、さらに状態が悪化してすきま風が入り込む原因となります。

また、すきま風が入るほどのひび割れは、家の気密性を下げ、冷暖房の効きを悪くさせるため、光熱費がかさむ要因になります。

建物の耐久性の低下

住宅は構造体や壁、屋根などで支えられているため、雨漏りやシロアリ、外壁のひび割れなどが起こると建物自体の耐久性が低下します。住宅の耐久性が低下すると地震や台風などの影響を受けやすくなり、特にライフラインが遮断されるような大規模災害が発生した場合には、大切な家族や家財を守れない事態になりかねません。

建物の耐久性や耐震性を向上させるには、サイディングの張り替えや耐震工事といった大規模なリフォーム工事が必要になるため、経済的な負担が大きくなることが予想されます。

美観を損ねる

外壁塗装が劣化すると、紫外線の影響によって退色が進み、見た目が悪くなってしまいます。

また、塗膜の防水性や撥水性が低下すると、汚れを含んだ雨水が外壁に長く停滞するようになり、雨垂れと呼ばれる線状の汚れが目立ちやすくなります。

資産価値の低下

外壁塗装を怠った結果、建物の性能や美観が損なわれると、築年数に関係なく家の資産価値が大幅に低下します。

今後家を売却する予定がある場合、査定額が低くなって手元に残るお金が少なくなってしまうおそれがあります。

外壁塗装を検討すべきタイミング

住宅の外壁の劣化確認

外壁塗装を適切なタイミングで行えば、建物の美観や性能の低下を防ぐことができます。

ここでは外壁塗装を検討すべきタイミングを8つご紹介します。

築後あるいは前回の塗装から10年後

外壁塗装の耐用年数は使用する塗料のグレードによって異なりますが、一般的には前回の塗装から10年が経過すると劣化が始まると言われています。

なかには耐用年数が15年~20年以上の塗料もありますが、日当たりや湿気などの影響で耐用年数よりも早く劣化が始まることもあるので、10年を目安に外壁塗装の状態をチェックするのがおすすめです。

なお、アクリル塗料の場合は耐用年数が3~5年と短いため、10年を待たずに劣化が始まる可能性があります。アクリル塗料で外壁塗装している場合は、より早い段階で外壁塗装を検討しましょう。

色あせが発生している

外壁の塗膜が劣化し始めると、紫外線の影響による退色が発生しやすくなります。

新築時に比べて色があせてきた、変色した、ツヤがなくなったなどの症状が見られる場合は、外壁塗装を検討しましょう。

チョーキング現象が発生している

チョーキング現象とは、紫外線などの影響によって外壁塗装の成分が分離し、顔料が表面に出てくる症状のことです。手などで外壁の表面に触れた際、粉状のものが付着するのが特徴で、別名白亜化現象とも呼ばれています。

チョーキング現象は塗膜の劣化が始まっているサインなので、外壁塗装を行うタイミングの一つの目安となります。

苔・カビが発生している

外壁塗装が劣化して防水・撥水効果が低下すると、外壁全体が湿気を帯びやすくなります。すると、高温多湿の環境を好む苔やカビが大量に生える原因となります。

特に苔は水分を吸い込みやすいため、そのまま放置すると外壁まわりの湿度がさらに高くなり、悪循環に陥ってしまいがちです。

苔やカビ自体は家庭用の高圧洗浄機などで落とすことが可能ですが、繰り返し生える場合は塗膜が劣化している可能性が高いので、外壁塗装を検討しましょう。

ひび割れが発生している

経年劣化によって塗膜が硬化すると、外からの振動や、外壁材の膨張・収縮による動きを吸収できなくなり、ひび割れが発生することがあります。

ひび割れが小さいうちは建物が深刻なダメージを受けている危険性は低いですが、外壁塗装の劣化が始まっているサインなので、なるべく早めに塗り替えを考えた方がよいでしょう。

塗膜の膨れが発生している

外壁塗装が劣化すると、塗膜の内側に湿気が入り込み、表面が膨れあがる原因となります。

塗膜の膨れは、不十分な下地処理や下塗り塗料の不足などが原因となっている場合もありますが、築後数年経ってからの膨れは外壁塗装の劣化が原因である可能性が高いので、塗り替えのタイミングと言えます。

塗膜の剥がれが発生している

経年劣化によって塗料の密着性が低下すると、塗膜の剥がれが起こることがあります。
築後すぐの剥がれなら施工不良が考えられますが、数年後の剥がれは経年劣化の可能性が高いので、外壁塗装を行うタイミングの目安となります。

シーリング材が劣化している

シーリング材とは、サイディングボード同士の間や、窓サッシとの境目などに入れる充填剤のことです。柔軟性のあるシーリング材を入れることで、外からの衝撃を緩和すると同時に、隙間からの雨水の浸入を防ぐことができます。

ただ、シーリング材は経年劣化によって弾性が低下すると、ひび割れや剥がれが起こり始めます。シーリング材と外壁塗装が劣化するタイミングはほぼ同時期とされているため、シーリング材に剥がれやひび割れが見られる場合は外壁塗装を検討しましょう。

外壁塗装をする必要がないケース

様々な外壁材のサンプル

外壁塗装は定期的に行うのが基本ですが、以下のようなケースでは外壁塗装が不要または必要性が低い場合もあります。

レンガやタイル、樹脂系サイディングを使用している

レンガは無機物である粘土や泥を原料としている素材なので、単体でも高い耐久性・耐水性・耐候性を誇っています。外壁塗装をしなくても長期間にわたって品質を維持できるので、レンガ造りの家は外壁塗装を行う必要性が低いと言えるでしょう。

一方、タイルも土や石、砂などの無機物を使用した素材なので、紫外線による変色や劣化が起こりにくく、外壁塗装の必要性が低いとされています。

また、樹脂系サイディングも外壁塗装の必要性が低い素材の一つです。樹脂系サイディングは耐久性の高い塩化ビニルに顔料を入れて製造するため、外壁塗装を行わなくても塩害や凍害、酸性雨、傷に強い性質を持っています。ただ、樹脂は紫外線に対する抵抗力が低いので、外壁塗装は不要でも紫外線対策のためのメンテナンスは必要です。

なお、レンガやタイルについても、目地部分のシーリング材の劣化は発生するので、定期的な補修は必須となります。

解体・建て替えの予定がある

外壁塗装はあくまで家の美観や性能を長持ちさせるための手段なので、近いうちに家を解体または建て替えする予定がある場合は、わざわざ外壁塗装をする必要はありません。ただ、外壁塗装を怠ると雨漏りやすきま風といったトラブルが発生する可能性があり、住み心地が悪くなる可能性があります。

解体・建て替えまでに10年ほどの猶予がある場合は、外壁塗装を検討した方がよいでしょう。

家を売却する予定がある

近いうちに家を売却する予定があり、かつ現時点で外壁の外観や性能に大きな不具合がない場合は、外壁塗装を行う必要はないでしょう。ただし、家の美観や性能は建物の評価や査定に大きな影響を及ぼす要因となります。

色あせが進行していたり、雨漏りやひび割れなどの不具合が発生したりしている場合は、売却前に外壁塗装を行った方が家の評価が高くなり、売却もスムーズに進みやすくなります。

上記のケースに当てはまらない場合は、原則として定期的な外壁塗装が必要になるので、適切なタイミングで外壁塗装を行うようにしましょう。
 

生活協同組合ちば住宅コープでは、「外壁塗装をどこに依頼すればいいかわからない」「提示された見積もりが適正かどうか判断できない」といった悩みに対応するため、事務局が施工業者の料金や技術、対応などをチェックするサービスを実施しています。

非営利団体なので無理な営業なども一切なく、高い技術力や実績を誇る施工業者に適正価格で外壁塗装を行ってもらうことが可能です。

外壁塗装の他にも、同時に施工することが推奨されている屋根塗装や、防水工事、シロアリ予防など住まいのお悩みを解決するサービスを多数展開しているので、外壁塗装や住まいの補修を検討されている方は、ぜひちば住宅コープにご相談ください。

リフォームに関する
ご質問・お見積りはお気軽にご相談ください。

0120-621-006【受付】9:30-17:30【定休日】木・日・祝

お問い合わせは、録音専用音声ガイダンスとなっております。
音声にしたがって、該当番号を押してください。
(各種工事のお問い合わせは①)
「ピー」という音が鳴りますので、お名前と電話番号をお伝えください。
後ほど事務局よりご連絡いたしますので、そのまま電話はお切りください。